読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひゅるやのブログ

覚書と言いたいこと言うだけのコーナー

音楽業界の人は言えない!ファンにやってほしいこと

このエントリー、いつか書いてやろうと思ってたんだけど、この出来頃で阿鼻叫喚のみなさんが私のTwitterのTL上にいっぱいいらっしゃったので、タイミング的に今かな~と思いまして。少しでも参考になれば。

バンドやアーティストが脱退だったり解散だったりする理由は様々だと思いますが、仲が悪くなったり方向性の違い以外は大抵「お金が解決」するものだと思います。つまり、売れりゃいいわけで。

それにはもちろんCDが売れるとか、ライブでお客さんが増えるという、直接的なお金の落とし方があるわけですが、規模が大きくなればなるほど人が関わってきます。人が関わるということは、人件費も関わってくるということです。つまり、お金がかかって来ます。人件費って簡単に言うけど、安く見積もっても1ヶ月に1人20万ですよ。それがその人がいなくなるまで続きますよ。

ライブだけで収益を出すのであれば、ライブのチケット代を高額にするしか無いですが、高額のためフラッとライブに参戦するという事ができないので新規獲得が難しいです。CDなどの音源も、万枚単位で売れないと厳しいわけです。詳しくはこの辺見てもらえればわかります。1枚のCD代金からどのくらいアーティストに行ってるのか計算してみて下さい。

さてここからが本題。

じゃあどうすりゃ売れるんだよって話ですが、売れるためには露出するのが一番てっとり場合です。このエントリーのタイトルに沿って「みなさんが支援して出来ること」に絞って書きます。

その1:メディアに取り上げられる後方支援をしよう!

TV見なくなったとか聞こえてくるところはありますが、大人数に接触機会があるのは結局のところ、TVやラジオ。もちろん事務所やレーベルは当たり前にプロモーションしたりしてますが、ここにファンのみなさんが後方支援をするんです。

【やり方】

いつも見てるTVやラジオのプロデューサーに番組の感想を書いてお手紙しましょう。その中に、「応援してるアーティストのCDを同封しました。よかったらエンディングテーマとか、番組中に使って下さい。このCDのこの曲がこの部分が合いそうです」的な感じでさらっと書いてあげましょう。熱心な方は複数枚CD買ってますよね?余ってませんか?そのCDの使いみちですよ!プロデューサーは複数の番組担当することも多いし、局の社員であることが多いです。

ここで注意してほしいのが、昨日今日、1回2回見た番組には送っちゃダメです。ちゃんと自分が好きで見聞きしてる番組にして下さい。そういう番組がなければ、合いそうな番組を好きになればいいだけです。にわかはバレます。

その2:インフルエンサーにアピろう

SNSからバズってメディアが取り上げるって方法もありますよ。インフルエンサー、簡単に言えば世間の影響力が大きい人のことなんだけど、TwitterとかFacebookやってたら、何故かよくリツイートで回ってくる人いませんか?その人です!おまわりさん!その人に気に入られれば、どうなるかわかりますよね?

【やり方】

インフルエンサーのバズってるTLにアーティストの動画や写真を貼り付けて関連する面白いコメントをしよう!インフルエンサーはそもそも取捨選択が上手い人なのでクソリプ上等!面白いと思うやつには反応するし、面白くなければ無視されるだけ。数で勝負!アーティストのためならハートを強く持とう!

 

いかがでしたでしょうか。

音楽業界の人は言えない!と書いたのは、その1はあからさまにこうやって下さいって言うと「あんたのファン質が悪いねぇ」って思われちゃう可能性あるし、その2に関しては著作権とか肖像権的なアレでみんなやって下さいなんて絶対言えないからね。本当はやってほしいんだよ売れたほうがいいから。

ご検討を祈ります。